那智黒石ペーパーウェイト 束ね編 虎斑竹 百貨店 770円,「那智黒石ペーパーウェイト・束ね編・虎斑竹」,/combat605275.html,stuff-to-go.com,文房具・オフィス用品 , 学用品 , 書道用具 770円,「那智黒石ペーパーウェイト・束ね編・虎斑竹」,/combat605275.html,stuff-to-go.com,文房具・オフィス用品 , 学用品 , 書道用具 770円 「那智黒石ペーパーウェイト・束ね編・虎斑竹」 文房具・オフィス用品 学用品 書道用具 770円 「那智黒石ペーパーウェイト・束ね編・虎斑竹」 文房具・オフィス用品 学用品 書道用具 那智黒石ペーパーウェイト 束ね編 虎斑竹 百貨店

那智黒石ペーパーウェイト 束ね編 レビューを書けば送料当店負担 虎斑竹 百貨店

「那智黒石ペーパーウェイト・束ね編・虎斑竹」

770円

「那智黒石ペーパーウェイト・束ね編・虎斑竹」

商品の説明

*那智黒石とは

三重県熊野市特産の黒色で細粒、緻密な泥質岩です。
地質的には新第三紀の堆積層で、日本全国各地において
同時代の岩盤を見ることができますが、
那智黒石ほど黒石で細工しやすい岩質は、他に類を見ないものです。

*那智黒石の歴史

那智黒石が初めて文献に表れるのは「紀伊続風土記(1839)」で、
古くから美しく珍しい石として知られていました。
製品としては碁石の材料として出荷されたのが最初で、
遺唐使の中国への贈り物の中にある「棋子」は那智黒石ではないかといわれています。
(棋子一現在の碁石、古来硯材や試金石として利用されてきたが時代は定かではありません)
藩政の頃一時採取を禁止されていましたが、
明治中期に採掘禁止令が解けて硯・文鎮などに利用されてきました。
那智黒石を広く売り出したのは明治になってからで、
神川町神上の山西徳之助という人が硯を作って売ったのが始まりといわれています。

熊野市ホームページより

「那智黒石ペーパーウェイト・束ね編・虎斑竹」